Warning: "continue" targeting switch is equivalent to "break". Did you mean to use "continue 2"? in /home/webkikaku/www/lunar-web.jp/wp/wp-includes/pomo/plural-forms.php on line 210
生理前、生理中に太る人必見!体重増加の原因と過食をおさえる食事法 | crana クレーナ

生理前、生理中に太る人必見!体重増加の原因と過食をおさえる食事法

普段から食生活に気を使い、運動も行う健康的な生活をしている女性でも、生理の前後は体重が増えてしまうことがあります。

なぜか生理の前後で体重が増加してしまうことに、毎月頭を抱えて悩んでいる女性も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、生理の前後で体重が増えてしまう理由について紹介します。

安心してください。生理の前後に体重が増えてしまったとしても、許容範囲内ならば不安に思うことはないのです。

生理前は栄養を溜めこむ体質に、そして生理中は基礎代謝が低下する

生理前になると、黄体ホルモンのプロゲステロンの分泌量が増加します。その結果、身体の代謝が下がり、摂取した栄養素をせっせと体内に溜めこみやすい状態になっています。

私たち女性の生理前の身体は、妊娠しやすい状態へと女性ホルモンが著しく変動し、身体の状況が変わっていく時期です。普段より水分や栄養素を蓄えることで、身体がむくみやすくなります。

また、血糖値が下がる状況でもあるため、それを補うべく食欲が旺盛になっていきます。

さらに、生理期間中は基礎代謝が低下し、ストレスが生じやすい環境でもあります。個人差はありますが、ストレスが過食に繋がってしまう女性も多いため、食欲が旺盛な頃にストレスが加算されると、さらに食べたくなってしまいます。

これらの要因が複雑に絡み合い、食欲が旺盛になることで、普段よりたくさん食べて体重が増えていくことに繋がるのです。

体重が増えるのは当たり前のこと!ボーダーラインは+3キロ

女性の身体は、生理の前後で体重は増えるようなメカニズムになっています。つまり、体重が増えることが普通なのです。

しかし、体重が増えるとしても、許容範囲という増加のボーダーラインがあります。生理の前後で増える体重は、+1から3キロの間であれば十分に許容範囲内のため、それほど気にしなくても問題はありません。十分に元に戻っていく増加分です。

ただし、許容範囲だからと安心しきって食欲のままに食べることはしないでください。できるだけ食べ過ぎないことが大切で、普段通りの食事を意識し、栄養バランスのとれた食事と十分な睡眠、激しくならない運動を心がけてください。

毎月のように生理はやってきます。ならば、体重の増減は普通のことであると認識して、上手に付き合っていきましょう。

自然と元に戻る許容範囲を超えた場合

ただし、+1から3キロという許容範囲のボーダーラインを超えて増加してしまった場合は、立派に食べ過ぎで太っている状況といえます。

許容範囲を超えた分だけ、来月に加算されていき、緩やかに体重を増やして太ってしまう可能性は十分に存在します。

生理期間中が過ぎ去ったら、体重が自然と元に戻るのが理想的です。許容範囲を超えて太ってしまった場合は、自然と元に戻らない可能性が高くなってしまいますので、十分に気を付けてくださいね。

過食しすぎないように、食事方法を変えてみよう

生理の前後で食べ過ぎないようにするためには、まず食事方法を変更する手段があります。ついつい間食が増えてしまいがちな生理期間痛です。

甘いものや油ものを無性に食べたくなる時期でもあるため、許容範囲があれどもあっさり突破してしまうこともあり得ます。

そこで一日三食ではなく、一食の量を減らすことで一日五食にするなど食事を分割することで間食を減らしていく方法もあります。さらに噛む回数を意識して普段よりも増やし、脳の満足感を刺激することで食欲を抑える方法もあります。

他にも、食事の時に野菜や食物繊維を先に食べることで、血糖値を緩やかに上昇させて食欲を抑える方法や、雑穀やチアシードなど少量で満腹感を演出する食材を食べて対策を立てることも出来ます。

重要なのは、過食し過ぎないことです。自分の身体に合う方法を見つけ出し、過食対策を行ってみてくださいね。

そして、万が一過食しすぎてしまった場合は、生理後の時期に運動を重点的に行うことで減量するのもいいでしょう。生理後は、脂肪が燃えやすい時期です。許容範囲を超えて増えてしまった分を削り、体重管理をするにはもってこいの時期です。

体重増加を気にし過ぎないようにしよう!太ることが当たり前

生理の前後に体重が増加してしまうのは、女性にとって当たり前のメカニズムです。

そもそも生理とは、妊娠するための準備を行っている段階のため、後の胎児に与える栄養を蓄えるための身体に変化していると考えれば、太ることは自然なことでもあります。

先述したように、通常の体重から+1から3キロの範囲ならば、十分に許容範囲内の体重増加です。また太った、と体重の数字ばっかりを気にしてストレスが溜まり、イライラを募らせることは逆効果です。

ストレスは過食を招き、基礎代謝を低下させることもあるためです。そうなれば、体重はますます増加してしまうことになります。

毎月決まった時期に体重が増減することを、当たり前だと思ってみてください。

体重を気にして自ら精神的ストレスを抱え込む必要はありません。多少増加しても気にせずに、生理の前後だとしても快適な日々を送るための一工夫をしてみましょう。

一番大切なのは、無理のない生活を日々穏やかに過ごすことですからね。

この記事をシェア

合わせて読みたい

ページ先頭に戻る