Warning: "continue" targeting switch is equivalent to "break". Did you mean to use "continue 2"? in /home/webkikaku/www/lunar-web.jp/wp/wp-includes/pomo/plural-forms.php on line 210
生理で便秘になるのは女性ホルモンのせい!すっきり解消する方法3つ | crana クレーナ

生理で便秘になるのは女性ホルモンのせい!すっきり解消する方法3つ


周期的に訪れる生理。その前後に便秘になりやすい女性は多く、そのことに悩む女性も少なくありません。特に生理周期と共に訪れる便秘は、来ると分かってしまうことから精神的にも憂鬱な気分を与えてきます。

ではそもそも、なぜ生理の前後に便秘になりやすいのでしょうか?

実は生理周期と便秘には、お互いが密接に関わっている関係性があるのです。

今回は生理と便秘の関係と、その原因について紹介したいと思います。

便秘になりやすい一番の理由は、女性ホルモンのプロゲステロン

生理の前後に限らず、生理期間中は女性ホルモンを含めたホルモンバランスが活発に変動する時期です。生理の前後に引き起こる便秘が、女性ホルモンによるものだと言われるのも、それが理由です。

特に、女性ホルモンを構成する卵胞ホルモンである「エストロゲン」と、黄体ホルモンである「プロゲステロン」の二つの内、プロゲステロンは便秘に間接的に関わっているホルモンです。

このプロゲステロンには、妊娠に備えて行う重要な役割があります。それが胃や腸に働きかけることで、その活動を弱めて便の排出を抑えるというものです。

プロゲステロンは妊娠に備えて身体に栄養や水分を蓄えようとする役割を担います。つまり、体外に排出される無駄をより少なくし、宿る子供のために栄養を貯蓄するのです。

そのため、排出される水分を体内に留める傾向にあることから、便が硬くなるという影響が出てきます。その結果として、生理の前に便秘になる傾向が強くなるのです。

また、生理の前に便秘になり、生理中に便秘が解消されるのもプロゲステロンが影響しています。生理が始まれば妊娠に備えて栄養を蓄える必要性が無くなるために、プロゲステロンの分泌が徐々に弱くなっていくからです。

その結果、胃腸の活動を弱くしていた原因が効果を薄めて、通常通りに胃腸が動き始めることで便秘が解消されます。

そして子宮を収縮させて子宮内膜を剥がす役割を担う、プロスタグランジンという別のホルモン分泌量が増えていきます。これにより子宮の動きに釣られるように胃腸の動きも活発化するため、溜まっていた便が排出されやすくなります。

これが、「生理の前」に便秘になりやすい理由であり、生理に入ると便秘が解消される理由です。

では、「生理の後」にも便秘が続くのは、なぜでしょうか?その理由は複数考えられますが、その中でも多い理由を紹介します。

ホルモンバランスの乱れによる、プロゲステロンの常習化

生理の前だけではなく、生理の後にも便秘が続いてしまう理由として、ホルモンバランスの乱れが考えられます。特に女性ホルモンは、環境の変化やストレスによる影響を受けやすく、生理周期を乱したりすることが多々あります。

そのため、女性ホルモンを構成しているプロゲステロンの分泌も、生理周期通りに行われていない可能性があります。

次のふたつの可能性が、「生理の後」にも便秘になる原因として考えられます。

  • 本来ならば、生理に入れば分泌が抑えられるはずのプロゲステロンが、生理中にも分泌されていること
  • 生理の後にも分泌が続いており、プロゲステロンの効果が常習化させてしまっていること

本来ならば生理周期的に分泌が抑えられるはずのプロゲステロンが、常に分泌して胃腸の働きを弱めて、栄養を常に身体に蓄え続けている状態にあるということは、日常的に胃腸の働きが弱くなっているということです。

これは後々の消化不良など、別の悪影響を与えることにも繋がりかねないため、できるならば改善しておきたいことです。

経血に伴う、血行不良による腸の弱体化

女性に周期的に訪れる生理の経血は、言ってしまえば周期的に訪れる強制的な出血です。体内の血液は優先的に子宮に送られて、子宮内膜を剥がして体外に排出するために使われます。

その結果、身体が全体的に血行不良の状態になりやすくなります。血液が不足すると、体内の臓器は生命活動に重要な臓器に優先的に血液が送られます。そのため、生命活動に直接的な関係が強くない腸の活動が弱くなります。

つまり便を排出する力も弱くなり、便が腸に溜まることで便秘になってしまうことがあるのです。

食欲不振や食事が偏ることによる排便不調

生理中にあらわれる吐き気やめまい、頭痛や下腹部の痛みなどの生理痛により、生理期間中は食欲が激減する女性もいます。その場合は、食事量がいつもより減ってしまったり、なんとか食べられる食べ物だけを優先的に食べるなど食事の偏りも出てきます。

その結果、排便をスムーズに行うために必要な量の食物繊維が不足したり、少ない食事量から排便に必要な量を満たすことができず、便秘気味になってしまうことがあります。

私たちが食べ物を食べるという行為は、食べた物を胃に運ぶと同時に、既に腸に溜まっている便を押し出す役割も兼ねています。

そのため、食べる量が減るということは、その押し出す力も減るということです。さらに、排出に必要な便の硬さを形成する量も、不足していくことに繋がります。

その結果、便の形もコロコロと小さくなったり、場合によっては排便すらできない少量しか腸に溜まらず、便秘になってしまうのです。

普段の生活から気を付けて、快便を目指そう!

便秘になると真っ先に気になるのが、ぽっこりと膨らむように錯覚してしまうような、独特なお腹の張りです。神経質な人ほど気になって、日常生活を過ごすことが憂鬱になってしまいます。

特に生理の前後に訪れる便秘ということは、生理周期を把握していれば、カレンダーで刻一刻と近づいてくるのが目に見えてわかるのです。そんなわくわく楽しいイベントでもなく、嬉しいどころか嫌な気分たっぷりな行事を指折り数えたくありません。

ならば自分なりに、生理の前後のためにも快便を目指して、前々から対処したり改善のために行動するしかありません。まずは簡単なことからコツコツと、率先して行動していきましょう。

適切な運動を行い、腹筋を鍛える

生理周期が近づくと、身体が重く感じたりします。それは生理期間中に訪れる生理痛が原因だったり、栄養を蓄える前段階により体重が増えたりすることが原因だったりします。

そのため、身体を動かすことが億劫になり、普段よりも運動不足を招きやすいのです。

身体を動かさないということは、筋肉の衰えに繋がります。そしてひいては、腹筋に力を籠めにくくなります。つまり排便の時に、力むことが困難になっていくのです。

例えばトイレで力んで排便を必死に行った結果、腹筋が筋肉痛になる。そんな悲しい事態にならないためにも、適度な運動は必要です。身体を動かさないと、血行不良にもなりやすくなるので、さらに便秘になりやすくなってしまいます。

もちろん生理期間中なので、身体は疲労しやすい傾向にあります。無理をすることなく、適度に身体を動かせるウォーキングやストレッチなど、汗を大量にかかない程度の軽い運動を常日頃から行うことをおすすめします。

食生活の見直しと、水分補給に注意する

人間の身体は約7割が水分で構成されています。そこから出てくる人間の便も実は水分が多く、実に8割が水分で構成されています。十分な水分を含んだ便は柔らかく、排便がスムーズに行えます。

そのため、排便がしにくい便にしないためにも、積極的に水分を摂取していきましょう。

特に、ホルモンバランスの乱れによりプロゲステロンが常習化している場合は、栄養と水分は身体に蓄えられる傾向のままです。そのため、意識的に水分を摂取するように心掛けてください。

さらに、排便がしやすいように食物繊維のある食べ物も積極的に食べましょう。朝食にバナナ一本追加するだけでも、お腹の調子が変わったという人もいます。

あなたが無理のない程度に食べられるものを探して、排便を助けるためにも栄養のあるものを食べてくださいね。

便秘解消の薬を服用する

運動も水分も、とても大切なことです。しかし、お腹が突っ張って痛いなど、切羽詰まっているときに悠長なことができない場合があります。そして、生活を工夫しても改善しないという時もあるでしょう。

そんな時に選択したいのが、便秘を解消できる便秘薬です。お腹の調子を整える薬ですが、西洋由来の薬から、東洋由来の薬など、市販だけでも数多くの種類があります。あなたに合う便秘薬を探し出して使ってみてください。

その際には、かかりつけの医師や薬剤師の人に相談をしながら探すのもいいでしょう。特に、生理の前後に便秘になりやすいことを伝えて、それを解消できそうな薬を相談することをおすすめします。

薬の種類が多いということは、それだけ需要があり、効果にも個人差があらわれるということです。一つ試して駄目でも、種類を変えたら効果が出たという話もよく聞きます。慎重に選んで使いましょう。

ただし、便秘薬の多量常用は避けて、用法容量を守って正しく使ってください。決められた用量以上の薬を素人判断で飲んだり、複数の違う便秘薬を同時に使用するなど危険な使用をし、便秘を悪化させては目も当てられません。

あくまでも薬は一時しのぎです。できるならば、根本的な解決を目指して行動しましょう。

生理の前後に便秘になる人は、生活習慣を見直そう

生理の前後に便秘になりやすいということは、予測できる便秘に備えられるということです。しかしそれは、とても良いことではありません。

便秘になることに変わりはないので、お腹の中に老廃物が長時間に渡って蓄積し、場合によりガスを発生させてしまうことにもなるからです。

一説では、このようにして腸に溜まったガスで子宮が圧迫されて、生理痛を悪化させる原因にもなっているそうです。もし便秘気味の人で生理痛が重たい人がいるならば、それが原因になっているかもしれません。

生理の前後の便秘に悩んでいる方は、今回紹介したことを踏まえて、快便の為に行動してみてください。特に生活習慣を見直して、適度な運動や水分摂取を意識して行動してみるといいかもしれません。

また、ストレスの解消や軽減できるように行動し、ホルモンバランスの乱れを意識して治すことも考えてみてください。

まずは簡単なことから行動し、生理の前後にくる便秘の解消に向けて頑張りましょう。指折り数えて嫌なことに近づくよりは、指より数えて迎え撃ち、少しずつでも便秘知らずのまま生理期間を迎えられるように目指してみましょう!

この記事をシェア

合わせて読みたい

ページ先頭に戻る