生理前ニキビ予防ガイド。絶対ニキビをつくらせない5つの対策

生理前に鏡を見ると、ニキビがポツポツ…これが毎月のように繰り返されると「あ~あ、今月も生理前にニキビが出ちゃった。なんで生理前はニキビが出やすいんだろう。」とブルーになっちゃいますよね。

生理前のニキビはホルモンバランスの影響によるもの。生理前はどうしてもニキビができやすくなってしまうのです。

でもあきらめることはありません。生理前のニキビは、適切なケアをきちんと行っていれば予防することができます。

生理前でもスベスベな肌を手に入れるため、どうすればニキビが予防できるのか対策法をチェックしてみましょう。

生理前は黄体ホルモンの影響で皮脂の分泌が活発になる

生理前はニキビのできやすい時期です。生理前になるとニキビが悪化したり、普段はニキビが出ないのに生理前だけ大人ニキビが出たりするのは、女性ホルモンのバランスの変化が大きく影響しています。

ニキビの主な原因は皮脂の過剰な分泌ですが、生理前は皮脂の分泌を活発にする黄体ホルモンの分泌が高まるため、ほかの時期よりもニキビができやすくなってしまうのです。

また、生理前は黄体ホルモンと肌の調子を整える「卵胞ホルモン」のバランスが乱れやすいことも、生理前にニキビができやすくなる原因と考えられています。

生理前にニキビができるのはホルモンのせいだから仕方ないのでしょうか…いいえ、生理前のニキビは、ホルモンバランスを整えながら適切なスキンケアを行えば、きちんとニキビを予防することができるようになりますよ。

生理前のニキビを予防するには、黄体ホルモンの分泌が高まる高温期(排卵後~生理開始前までの約2週間前)に、次の対策をしっかり行うのが効果的です。

生理前のニキビ対策
  1. 適切なスキンケアを心がける
  2. ニキビを予防する食生活
  3. 睡眠をしっかりとる
  4. 適度な運動をおこなう
  5. 体を温める

具体的にどのような方法を行えばよいのか、説明していきましょう。

「適切なスキンケア」の具体的な方法は?まずは肌を清潔に保つ

ニキビ予防で一番大切なのは、なんといっても適切なスキンケアをすることです。

ニキビは、毛穴に詰まった皮脂汚れに「アクネ菌」が増殖して炎症を起こす皮膚の病気です。そのため、ニキビを予防するには、皮脂を取り除いてアクネ菌の増殖を防ぐことが必要になります。

皆さんは毎日、洗顔石けんやクレンジング剤を使って丁寧に洗顔をされていると思いますが、高温期は皮脂の分泌が過剰になってアクネ菌が増殖しやすいので、普段以上に洗顔やクレンジングには気を使って、肌の清潔を保つようにしましょう。

洗浄力のマイルドな石けんとぬるま湯で丁寧に洗顔しましょう

ニキビを予防するためには、肌の保湿に必要な油分は残しながら、余分な皮脂と肌に着いた汚れはきちんと洗い流す必要があります。

洗顔法が間違っていると、ニキビを予防するどころか肌トラブルの起こりやすい肌に傾けてしまう可能性があるので、必ず正しい方法で洗顔を行いましょう。

正しい洗顔法
  1. 洗浄力のマイルドな洗顔石けんを十分によく泡立てる
  2. ふわふわの泡で肌をこすらないようにやさしく丁寧に洗顔する
  3. 30℃のぬるま湯で石けんが残らないように丁寧にすすぐ

皮脂には肌のバリア機能の役割もあるため、必要以上に皮脂を奪ってはいけません。バリア機能が低下すると肌が刺激を受けて炎症を起こしやすくなるので、洗顔の回数を増やしたり、ゴシゴシ洗ったりすることは避けましょう。

洗顔は、汚れを泡で石けんを落とすことだけでなく、丁寧にすすぎをすることも重要です。皮脂が最も落としやすい30℃のぬるま湯を使って、しっかりとすすぎを行います。

すすぐ水が冷たいと、毛穴が締まって皮脂汚れが落としにくくなります。逆にお湯の温度が高いと、皮脂が落ちすぎて肌の乾燥を招いてしまうので、常温よりほのかに温かいくらいの30℃のぬるま湯ですすぐようにしましょう。

肌に負担をかけないクレンジング剤でしっかりメイクを落としましょう

メイクをする場合は、ファンデーションに含まれる油脂が毛穴に残ったままだと、毛穴が詰まりやすくなり、生理前には大人ニキビができやすくなってしまいます。

メイクをした日は、帰宅したらなるべく早めにクレンジング剤でメイクを落とし、清潔な素肌に戻しましょう。

クレンジング剤は、汚れ落ちが良く肌に負担をかけにくいクリーム、ミルクタイプがおすすめです。洗浄力の高いオイルクレンジングは、皮脂を落とし過ぎて肌の乾燥をまねきやすいので、なるべく避けるようにしましょう。

また、クレンジングがニキビに負担をかけるからと、クレンジング剤を規定量より減らしたり、クレンジングをなるべく短時間で済ませたりするのも逆効果です。

ニキビを予防したいときこそ、しっかりクレンジングをしてケアにメイク汚れを残さないようにしましょう。

あご下は、ホルモンバランスが原因で大人ニキビのできやすい場所です。あご下も丁寧に毛穴のメイク汚れを落としておきましょう。

W洗顔をしてしっかりすすげば、メイクや皮脂汚れが残らず、清潔な素肌にもどることができます。

生理前は、ホルモンの影響で疲れやすく夜は早くお布団に入りたいかもしれませんが、肌のためにもメイクは手を抜かずしっかり落としておきましょう。

肌を十分に保湿することで毛穴が詰まりにくくなる

ニキビを予防するためには、肌を十分に保湿することも大切です。肌に水分を十分に与えると肌が柔らかくなって毛穴が詰まりにくくなります。また、肌を保湿すると皮脂の過剰分泌も防ぐことができます。

ニキビは皮脂の分泌が活発な「脂性肌」にできやすいのですが、普段は脂性肌でない人も、肌が乾燥がするとニキビのできやすい「乾燥性脂性肌」に傾くことがあるので、油断は禁物です。

乾燥性脂性肌とは、水分が少なく肌がカサついているのに皮脂の分泌量が多く、べたついたりニキビが出やすい肌質のこと。女性に増えている肌質です。

肌の内側の水分が少ないので「インナードライ」と呼ばれたり、見た目には油分で潤って見えるので「隠れ乾燥肌」と呼ばれたりもします。

肌は、水分が不足していると自ら皮脂を分泌して肌を保湿しようとはたらくため、肌の乾燥が進むほどに皮脂が過剰に分泌され、乾燥しているのに毛穴に皮脂が詰まってニキビが出やすくなってしまうのです。

生理前は、皮脂の分泌が活発になり肌がべたつくので、見た目には潤って見えるかもしれませんが、普段から乾燥しやすい人は皮脂だけが多くて水分が不足している可能性もあります。

大人の女性の場合、皮脂の過剰分泌は「ホルモンの影響+肌の水分不足」ということも少なくないので、生理前にニキビのできやすい人は肌質にかかわらず、保湿力の高い基礎化粧品で肌を丁寧に保湿しましょう。

肌に乾燥を感じる人は保湿成分が配合されている化粧品を、ニキビが頻繁に出る人は毛穴の詰まりを防ぐ「ノンコメドジェニックテスト」済みの化粧品を使うのがおすすめです。

油・甘い物を控えることがニキビ予防につながる

脂質や糖質をとりすぎると、皮脂の分泌に影響することがあるので、皮脂の分泌量が増えやすい生理前は、油の多いものや甘いものはなるべく控えるようにしましょう。

スイーツや揚げ物、そのほか糖質と脂質の多いファストフードやこってりしたラーメンなどもニキビのためにはあまり良くありません。

脂質は、エネルギーやホルモンなどの材料として欠かせない栄養素ですが、とり過ぎると皮脂の分泌が高まりやすくなってしまいます。

これは、脂質を大量に摂取すると、皮脂の分泌をコントロールするビタミンB2を消耗し、体内のビタミンB2が不足してしまうことが関係しています。

また、脂質と糖質は必要以上に摂取すると、余ったものが体脂肪に変えられて体内に蓄積されるのですが、その一部は皮脂にも変わりやすいため、脂の多いものや甘いものを食べ過ぎるとニキビができやすくなるともいわれます。

ところが困ったことに、生理前は黄体ホルモンの作用で体が血糖値を高めようとするため、無性に甘いものやこってりしたものが食べたくなったり、食欲が亢進したりするんですよね。

これはある程度自然な現象で、糖質や脂質も体に必要な栄養素なので、極端に制限する必要まではありません。ただ生理前にニキビができやすい人は、食欲のままに食べ過ぎることのないよう、気持ちは引き締めてくださいね。

飲酒・喫煙・刺激物は控える

飲酒・喫煙・刺激物は肌のためにも良くありません。ニキビのできやすい生理前は特に、飲酒・喫煙・刺激物は避けるようにしましょう。

アルコールやタバコは、体内でビタミンB群やビタミンCを大量に消耗します。ビタミンB群やビタミンCは、肌の調子を整えるために欠かせない栄養素なので、飲酒や喫煙によってこれらの栄養素が不足すると、ニキビや肌荒れが起こりやすくなってしまいます。

また刺激物をとり過ぎて胃腸に負担がかかると、胃腸の機能が低下して栄養の消化と吸収が悪くなってしまいます。

肌の調子を整える栄養素が不足することでニキビや肌荒れが起こりやすくなるので、辛い物、熱い物、冷たい物、アルコールなど胃腸を刺激するものはとり過ぎに注意しましょう。

ニキビの原因になる食べ物・飲み物については、生理前、生理中は避けて!ニキビの原因になる食べ物・飲み物で詳しく紹介しています。

ニキビを予防する栄養素をとる

生理前のニキビを予防するためには、ホルモンバランスを整えるため、規則正しい食生活を心がけることが大切です。

併せて生理前にニキビができやすい人は、皮脂の分泌をコントローする栄養素もしっかり摂取し
ておくことをおすすめします。

皮脂の分泌をコントロールするのはビタミンB2、ビタミンB2と併せて摂取したいのが、ビタミンB6、ビタミンE、です。

ビタミンB2は、脂質の代謝を促進させ皮脂が過剰に分泌されるのを抑制します。食品では、レバー、納豆、卵などに多く含まれます。

ビタミンBは、ビタミンB2を補助する役割と皮膚の新陳代謝を促進させる役割があり、肉、魚、レバーなどに多く含まれています。また黄体ホルモンのバランスを整える作用も期待されます。

ビタミンEは植物油、ナッツ類などに多く含まれ、血行を促進させたりホルモンバランスを整えたりする作用があります。

ニキビを予防する栄養素、食べ物については、生理前・生理中のニキビを治す、デリケートな肌にいい食べ物8つで詳しく紹介していますので、こちらもご覧ください。

生理前は睡眠が浅くなりがち。睡眠をしっかりとろう

ホルモンバランスの乱れやすい生理前は、質の良い睡眠をしっかりとるように心がけましょう。

睡眠をしっかりとると、前日に受けた体や脳の疲労(ダメージ)をリセットでき、女性ホルモンを分泌する機能が高まります。

ところが、排卵後から生理前にかけての2週間は、黄体ホルモンの影響で体温が上昇して体がほてり、意外と睡眠が浅くなりやすい時期でもあるのです。

たくさん寝たつもりでも熟睡できておらず日中に眠気を覚えたり、体や脳の疲労がリセットしきれないことでホルモンのバランスが乱れやすくなったりしやすいので、生理前は質の良い睡眠をとるよう意識して安眠対策を行いましょう。

生理前のニキビ対策:適度な運動

生理前は、適度な運動でホルモンバランスを整えましょう。

適度な運動は、一見ニキビの予防に関係なさそうに見えますが、運動によって血行を促進させることでホルモンバランスが整い、生理前のニキビを予防する効果が期待できるようになります。

また、運動時にかく汗には保湿効果や毛穴の汚れを排出させやすくする作用があり、肌の乾燥や毛穴の詰まりを改善してニキビを予防する効果も期待できます。

体に負担のかかる運動は、逆にホルモンバランスを乱す可能性があるので、会話が楽しめる程度のゆるやかな運動を選びましょう。例えば、ウォーキング、サイクリング、ダンスなどがおすすめですね。

楽しいと感じられるレベルの運動はストレスを解消する効果も抜群で、生理前に起こりがちなイライラや気分の落ち込みを緩和してくれます。

また運動によってもたらされる心地良い肉体疲労は、寝つきを良くして睡眠を深くする効果があるので、適度な運動は睡眠が浅くなりがちな生理前の安眠対策にも役立ちますよ。

冷えはニキビによくない!体を温める

女性は体が冷えやすいのですが、冷えはニキビにも良くありません。しっかり体を温めましょう。

体の冷えはホルモンバランスを乱す原因となり、また血行がとどこおることで肌の新陳代謝が低下し、ニキビができやすく治りにくくなってしまいます。

体の血行が良くなると、ホルモンバランスが整って皮脂の過剰な分泌を抑えることができます。また、肌の新陳代謝が促進されることで毛穴の老廃物がスムーズに排出やすくなるので、毛穴の皮脂詰まりも起こりにくくなります。

体を温めるには、

  • 薄着
  • 冷たい物の食べ過ぎ飲み過ぎ
  • 冷房の効き過ぎ
  • 運動不足など

といった体を冷やす要因を避ける必要があります。そして、温かい服装をしたり温かいもの食べ物や飲み物をとったりして、積極的に温めていくことが大切です。入浴や適度な運動も血行促進には大きな効果がありますね。

「体温の上昇する高温期に体が冷えることはない」と思われるかもしれませんが、高温期はホルモンバランスが乱れることで、部分的にほてったり冷えたりしやすいので、のぼせやほてりを感じても体は冷やさないようにしましょう。

適切なスキンケアとホルモンバランスを整える対策で生理前も美肌に

生理前のニキビを予防する場合は、適切なスキンケアに加えて、ホルモンバランスを整える対策をきちんと行うことが大切です。

今回紹介しました、規則正しい食生活、十分な睡眠、適度な運動などは、忙しさにかまけて、ついおろそかになりがちなことばかりです。

ですが、どれも少し意識を傾けることで簡単に実践できる対策かと思いますので、前月までとは違うスベスベ肌を手に入れたい方は、これらの対策を生理前の習慣にしてみてくださいね。

この記事をシェア

合わせて読みたい

ページ先頭に戻る