Warning: "continue" targeting switch is equivalent to "break". Did you mean to use "continue 2"? in /home/webkikaku/www/lunar-web.jp/wp/wp-includes/pomo/plural-forms.php on line 210
生理痛の治し方まとめ。あなたに合った痛みの緩和方法に出会える記事 | crana クレーナ

生理痛の治し方まとめ。あなたに合った痛みの緩和方法に出会える記事

生理痛の症状は個人差が激しいものであり、その症状の重さも個人により異なります。そのため生理痛を緩和する方法は数多くあっても、自分に合う対処方法を探すのは一苦労です。

例えば友人には効果があったからと紹介された方法も、自分には効果がなかったというのも多いですね。それほど個人差が激しいのが生理痛関係です。

そして痛みだけではなく、その緩和方法にも個人差が強いのはあまり知られていません。

ここではそんな生理痛を緩和する方法の中でも、簡単な方法を紹介します。複数の種類の中から自分に合う緩和方法を探し出し、生理痛を乗り切りましょう。

生理痛の治し方:血行をよくする、ツボやストレッチ

生理痛を緩和する方法の中で、すぐにでも始められる方法です。身体を動かしたり、環境を整えたりすることで生理痛の緩和を目指します。

とくに血行が悪いことで症状が重くなる生理痛に効果を発揮します。十分に身体を動かしたり解したりして、血行を良くしていきましょう。

【1】冷やし過ぎに注意!紙ナプキンも冷えの原因になるかも

暑さが厳しくなる真夏。熱中症にならないためにも、安全に快適な生活をするためにも冷房器具は必須の物です。しかしだからこそ、扇風機やエアコンなどによる冷やし過ぎには注意しなければなりません。

室内を冷やすのはいいですが、あまりにも冷やし過ぎると血行が悪くなり、生理痛が酷くなります。

剥き出しの肌に直接風が当たらないようにブランケットを着たり、お腹や背中に腰など生理痛で痛い下半身を中心に、カイロを当てて温めましょう。

特にショッピングモールなど寒いほど冷えている室内に行かなければならない時は、例え真夏でも温かくなるような羽織る物やカイロを持って自衛しましょう。

また、使い捨て出来る、軽くて使い勝手のいい紙ナプキンそのものが、お腹の冷えの原因になっていることがあります。

その場合は使い回しの布ナプキンに変えてみたり、厚みのある温かいパンツに変えるなどすることで、生理痛が緩和することもあります。

現代の主流は紙ナプキンです。蒸れない通気性を宣伝文句にしている物もありますが、その通気性の良さがお腹を冷やす原因になっていることも、知っておきましょう。

【2】ツボ「三陰交(さんいんこう)」を押す

生理痛に効果があると言われるツボは、いくつか存在します。今回はその中でも、「三陰交(さんいんこう)」と呼ばれる女性特有の疾患に広く効果があるという、女性に味方してくれる万能ツボを紹介します。

このツボの場所は、足の内側にあるくるぶしの一番高いところ。そこから指4本分上にある、すねの骨の後ろあたるの窪みです。

生理痛に効くツボ三陰交の位置画像
(出典:三陰交|せんねん灸)

はかりやすい位置にあるので、覚えやすいツボでしょう。

効果はまさしく生理痛の緩和・女性の疾患・冷え性改善など、女性の悩みをピンポイントに打ち抜いてくれる効果です。効果の高い人ならば、ぐっとこのツボを押すだけでぐるりと血行の巡りを感じたり、じんわりと熱く感じます。

お金もかからず、手間もそれほどありません。ちょっと自分の足の内側を見て、ぐぐっと押してみてはどうでしょうか?

もっと生理痛に効果があるツボについて詳しいことを知りたいならば、こちらへどうぞ。

▼関連記事
生理痛をやわらげる9つのツボ!辛い時に自分で押して治す

【3】ストレッチなど適度な運動で経血の流れをスムーズに

血行不良の多くが、運動不足や日光浴不足を引き金にすることが多いのです。特に外に出ることが少ない主婦の人などは、心当たりが大いにあるのではないでしょうか?

同じ姿勢を続けていると、血行が悪くなるだけではなく身体的なストレス負荷がかかります。

止まっているなら、適度に屈伸運動をしたり身体を伸ばす。歩いているならば立ち止まってみるなど、同じ姿勢でいないように気を付けましょう。

また、日光を存分に浴びる早朝ウォーキングなどもおすすめです。身体を動かすことで血流を促し、より経血を出しやすいように身体の準備をすることも、生理痛を緩和する方法になります。

家の中で行える方法としては、ストレッチもいいですね。凝り固まった身体を動かして血流を刺激し、身体を動かすことで経血をスムーズに排出できるようになります。

特に骨盤のゆがみを解消するストレッチはおすすめです。大切な下半身の支えである骨盤のゆがみを直すように身体を動かすと、生理痛が緩和することにも繋がります。

それに最適なのが、「骨盤まわりストレッチ」です。やり方は簡単。

  • 足を肩幅に開き、まっすぐ立つ
  • 手を腰に当てて、左右それぞれ10回ずつ腰を回します

これをワンセットとして、一日に5セットから10セット程度行いましょう。

生理痛の治し方:食べ物と飲み物で対処しよう

身体を動かすことが即効性を求めた対処方法ならば、内側からじんわりと痛みを緩和するのが飲食物です。

生理痛を和らげる食べ物や飲み物を率先して身体に取り込み、栄養バランスも大切にしましょう。

【4】栄養バランスに気を付けて食べる

生理痛に効果のある食べ物や影響はたくさんあります。ですが、それを取り入れる上で絶対に忘れてはいけないことがあります。それが、生理中でも栄養バランスのよい食事を摂ることです。

そのため、生理痛の緩和を食べ物から行いたいならば、栄養バランスのとれた食事に付け足す形で取り入れていきましょう。生理痛の緩和のために食べたのに、栄養失調で倒れる事態になるのは本末転倒です。

冷えが大敵であることから、身体を温める生姜や玉ねぎ、ニンニクを食べるのもいいでしょう。血流を良くするために、血管を広げるビタミンEやクエン酸を多く含む柑橘類を食べるのも効果的です。

お腹も膨れるので、ビタミンEを多く含むアーモンドをおやつに食べるのもいいかもしれません。食欲不振の時でも、少しで満腹感を取り入れることができます。

もっと生理痛に効果のある食べ物を詳しく知りたいならば、こちらへどうぞ。

▼関連記事
【厳選】生理痛を治す食べ物7つ。食事でも生理痛が緩和できる
生理痛に効くレシピ。おいしく痛みを和らげる簡単お料理11選

【5】幅広い効果が期待できる、ハーブティーを飲もう

食べ物だけではなく、飲むことで生理痛からの緩和を目指すこともできます。栄養バランスのとれた食事と合わせて、生理痛に効果のあるお茶を取り入れれば、無理なく効果を得ることができます。

特に、幅広い効果を得ることができるハーブティーを取り入れるのもいいでしょう。

  • 身体を温めるジンジャー
  • ビタミンCが豊富で利尿作用もあるカモミール
  • 吐き気や痛みにめまいの症状に対して効果があるペパーミント
  • 子宮や骨盤まわりの筋肉を和らげる効果があるラブベリーリーフ

他にも様々なハーブティーがあります。

おすすめは数あるハーブティーの中でも、ラブベリーリーフです。これは生理前から飲み続けると、生理痛を始めとした月経前症候群を和らげる効果が期待できます。

自分が美味しく飲むことができる効果的なハーブティーを見つけ出し、生理痛の時のほっとできる一時を作り出すのはどうでしょう。

生理痛の治し方:薬や漢方薬を飲んでみる。効かなければ婦人科へ!

生理痛という襲い掛かる脅威に対して、女性が最終手段として頼ることになるのは、やはり薬です。

生理痛の痛みに我慢してもよくなりませんので、すっぱり我慢を諦めて薬に手を伸ばしてください。

生理痛でよくお世話になるのは、

  • 鎮痛剤
  • 女性ホルモン薬
  • 漢方薬

の3通りです。痛みからの脱却と即効性を求める人は鎮痛剤を、月経困難症の治療には女性ホルモン薬を、じんわりと体質改善を目指す人は漢方薬を使います。

特に忙しい現代社会では、即効性を重視して鎮痛剤を使っている女性が多いのではないでしょうか。

そして鎮痛剤であれ漢方薬であれ、市販の薬で効果が無かった場合は、産婦人科を受診することをおすすめします。

市販の薬で効果がなくても、病院で処方された薬で効果があったという話もあります。

ただし、効果が強い薬ほど副作用も強い可能性が高いのが薬です。医師に処方してもらうときは、注意点や副作用のことをしっかりと聞いて覚えておきましょう。

用法容量を守れば、薬は生理痛の時に頼もしい援軍となります。

もっと生理痛に関する薬について詳しいことを知りたいならば、こちらへどうぞ。

▼関連記事
生理痛で受診したときに病院で処方される薬の種類と効果
おもい生理痛を治す漢方薬6つ。特徴にあわせて選ぼう

自分の生活スタイルに合った、自分に効果がある方法を探しましょう

生理痛を緩和する簡単な方法をざっと紹介いたしましたが、いかがでしたか?

そもそも生理痛とは、単純に腹痛を訴える人もいれば腰痛や頭痛など、身体的な痛みを訴えて日常生活に支障をきたす人もいます。

その反面、イライラや無気力、憂鬱や怒りっぽくなるなど、精神的な症状を訴えて情緒不安定になる人もいます。

他にもただ眠気が強くなる、吐き気がする、胃痛、食欲不振、下痢や便秘になるなど、恒例の症状から本人が把握できない症状まで、幅広く現れるのが生理痛です。

このような生理痛が始まる日にも個人差があります。生理直前から始まる人もいれば、生理の一日目から二日目に始まる人、生理期間中はずっと症状が現れている人もいます。

なににしても共通して言えることは、生理痛があるならば、我慢することなく、改善のために手を尽くしましょう。ということです。

一番悪いのは、我慢に我慢を重ねて、ある日突然救急車で運ばれることです。特に一人暮らしの場合は発見されるのが遅れると危険ですよね。

生理の痛みは先述したように千差万別に存在し、個人差が強いものです。今回紹介した方法を含めて色々試し、自分に最もよく合う、痛みを緩和する方法を探し出しましょう。その過程で症状が改善に向かえば万々歳です。

生理痛の緩和方法は、生理痛同様に個人差が強く現れます。それは効果であったり、生活スタイルであったり、継続できる方法なのかなどなど。様々な視点から、その緩和方法の効果が、自分に効くかどうかを決定するからです。

無理なく継続し、生活習慣に取り入れることができる、あなたに合う生理痛の緩和方法を見つけてください。

あなただけの生理痛と上手く付き合える方法をいち早く探り当てて、一日でも早く少しでも快適に生理期間を過ごせるように努力しましょう。

この記事をシェア

合わせて読みたい

ページ先頭に戻る