Warning: "continue" targeting switch is equivalent to "break". Did you mean to use "continue 2"? in /home/webkikaku/www/lunar-web.jp/wp/wp-includes/pomo/plural-forms.php on line 210
生理中の健康診断はどうする?尿検査や婦人科検診を受けるときの対処法 | crana クレーナ

生理中の健康診断はどうする?尿検査や婦人科検診を受けるときの対処法

毎月訪れる生理周期を完璧に自分でコントロールすることは難しいため、健康診断と重なってしまうことってありますよね。

そのため女性にとって、健康診断というものは一つの壁になりがちです。

例えば、生理中の検尿、急に生理になってしまった時などはどうすればいいの?と、判断に苦しみ悩んでしまいます。

そこで今回は、そんな生理中の健康診断について簡単に紹介したいと思います。

女性が健康診断を受けるとき、確認が必要な2つのこと

まず結論から言うならば、生理中であっても健康診断を受けることは可能です。ただし、生理中の経血や子宮の機能が邪魔をして、一部の検診については受けることができない場合があります。

しかしその一部の検診も、その健康診断を担当している医師や病院、専門機関の方針や設備によって受けることができる場合があります。

そのため生理期間中に健康診断を受けようとした場合、まず知らなければならないのが、健康診断を担当してくれる担当医師や健康診断を請け負ってくれた病院や機関の判断です。

健康診断を担当してくれる人も、女性には生理周期があり生理が訪れることは理解しています。例え男性医師だったとしても恥ずかしいなんて思わずに、気になることはすべて聞いておきましょう。

女性が健康診断を受けるとき、事前に確認しておくべきことは2つです。

  • 生理中でも健康診断が受けられるかの確認
  • 健康診断をしてくれる医師や病院に、自身が生理中である(または期間がかぶりそうである)ことを伝えること

何事もなければ、生理周期は規則正しく動いています。しかし、健康状態や精神状態から、生理周期がずれることも珍しくありません。特に、健康診断というものが無意識に精神的負担になり生理に繋がることもあります。

もし万が一にも、健康診断の当日に生理がおとずれてしまった時の為にも、生理中でも健康診断が受けられるかという情報は、女性であるならば入手しておきましょう。

健康診断の当日より前に、生理が健康診断にかぶってしまうことがわかっているならば、事前に申告しておきましょう。その情報により、医師があなたに健康診断を受けさせるかを判断します。

一番悪いのは、事前申告もせず、生理中だと伝えることなく健康診断に赴くことです。

医師の中には所属する病院や機関に確認をとる人もいます。医師や機関への配慮はもちろんですが、そのために無駄に待ち時間などが長くなってしまったり、当日に「お帰りください」なんてことになってしまったりという可能性もあるので、事前に生理中であることを申告しましょう。

健康診断の当日に生理になっちゃった!どうする?

もし、事前に「急に生理になってしまったらどうすべきか」という確認を病院にしていなかった場合、焦りますよね。

まずは落ち着いて、病院へ行く前に電話で確認しましょう。その時にはっきりと生理になってしまったことを告げて、医師の判断を仰いでください。

二度手間になるからと、電話口でそのまま健康診断の日をずらしてくれるところもあります。

健康診断の当日に生理になってしまった時に、慌ててしまうのは仕方ありません。しかしその時こそ深呼吸をして、健康診断をしてくれる病院や医師に連絡を取ることや、自ら赴いて説明をすることを忘れないでください。

生理中の尿検査はどうする?病院によって対応は様々なので確認が必須

生理中の健康診断で受けることができない代表的な検査の一つに、尿検査があります。

尿検査とは尿の中に何らかの成分や不純物があるかを調べることで、病気になっていないかを知る検査です。生理中に採尿すると、尿に経血が混じってしまうことがあります。

経血により継続して出血している関係上、尿に混じる血液量の低下など、とにかく血液に関することに影響が出てきます。

尿に混じる経血が不純物として見られて、何らかの病気であるという誤診断の元になりやすいのです。これが生理中に尿検査ができない理由の一つです。

しかし近年では、生理中でも尿検査を行える健康診断も増えてきました。

生理中であることを伝えて尿検査をした場合、生理中の変化をひっくるめて検査して行う所も増えました。また、採尿の際にナプキンではなくタンポンを使用し、できるかぎり経血が入らないように採尿すれば大丈夫という所もあります。

さらに万全の期したい場合は、洋式便器の洗浄機能を使ったり、自宅ならばシャワーを浴びて清潔にしてから採尿することをすすめられることもあります。

生理中でも尿検査が可能と言われた場合は、このような医師の注意事項をしっかりと聞き、わからない場合はすぐに聞きましょう。

また、生理中に尿検査を行えない健康診断でも、検査日をずらして後日に全ての検査を行ったり、できなかった検査のみを再検査する所もあります。これらが可能かどうかも確認し、再検査などを受け入れている病院や機関であるかを確認してください。

また再検査が決定した場合は、自分の生理が終わってからどのくらいのタイミングで採尿をすればいいのかを、医師に確認してください。

経血の量は個人差があるので明言はできませんが、生理開始日から十日後、経血が止まってから三日後など。採尿するタイミングを指定してくる病院もあります。

二度手間で時間と労力を削らないためにも、再検査の時期や方法のことについて、しっかりと医師に確認しておいてください。

もし、健康診断の当日に生理がきた時は?

例えば健康診断の当日。採尿をした後に生理になってしまったとしましょう。

採尿の方法には様々あるので、今回は自宅で朝一の尿を採取してくるという方法だと仮定します。

その場合は採尿したものを提出するときに、今日が生理中の一日目であることを申告してください。

例えば紙に自分の名前を書いて提出するときは、たとえ項目がなくても生理中であることを記入してください。

親切で気配りができる医師の場合は、事前に生理中か尋ねてくれる人もいます。その時は嘘偽りなく、生理が始まったことを告げてください。

これはあくまで一例です。自宅ではなく病院で採尿する場合は、後日持参してほしいと再検査を依頼されることもあります。一方で生理中であることを踏まえて、尿検査をしてくれるところもあります。

生理中の婦人科検診は受けられない場合が多い

生理中にできない健康診断の中には、女性特有の病気を調べる婦人科検診も存在します。

例えば子宮がんについての検診は、子宮の出入り口から細胞を綿棒で採取して検査に回されることが多いのです。この細胞を採取するときに、経血していると血だけがべったりと綿棒について、検査のための細胞が採取しにくいのです。

そのため検査しやすい細胞を摂取するためにも、生理中は婦人科検診は避けるようにしましょう。

また、乳がんの検診も同様です。生理中は女性ホルモンのバランスが乱れがちで、身体がその影響を受けています。そのせいで、胸が張っている女性も多いのです。触診のために少し触れるだけでも痛みを感じる女性もいるため、避けた方が無難です。

このように婦人科検診は、生理中に行うことが困難な検査が数多く存在します。

そして婦人科は女性に身体についての専門家が数多くいる医科です。そのため嘘偽りなく、もし生理中であるならば素直に伝えてください。

健康診断の日と重なってしまった場合は、生理中であることを告げて日程変更をしてもらいましょう。もしくは再検査の方法など、どのように行動すればいいのかを質問し、情報を入手してください。

あくまで自己判断をすることなく、健康診断を行ってくれる方の指示に従ってくださいね。

どのような健康診断なのか、事前確認はきっちりしておこう

健康診断と一口に表現しても、健康診断をしてくれる病院や機関によって大小の違いは存在します。尿検査の一つをとってもそのままで大丈夫な所と、再検査をしてほしいと申し出るところ…このように判断も分かれます。

健康診断の当日に焦ることがないように、生理中であった場合は健康診断の時にどう行動すればいいのかを、しっかりと把握しておいてください。

自分の身体を一番守ることができるのは、あなた自身です。自分のためにも健康診断の詳細について事前に調べて入手し、もし再検査を指定されたならばその通りに行動しましょう。

そして素人判断で動くことはせず、生理中である自分の状況を、健康診断をしてくれる医師と共有しておくことが一番大切です。

事前にあれこれ聞くことに抵抗はあるかもしれませんが、むしろ事前に何もわからない状態で健康診断を受ける方が、後々のトラブルを招いてしまいます。特にそれが女性特有の生理に関することならば、率先して確認しておきましょう!

なお、健康診断の事前に確認したいことが分からないという方は、下記の項目を参考にしてください。

  • もし、健康診断の日に生理になってしまった時にどうすればいいのか。
  • 健康診断の日程と生理周期が被ってしまうが、診断を受けることができるか。
  • 生理中でも受けられる場合、検査の時に注意点はあるか。
  • もし生理中の採尿時が可能な場合、どのような方法が適切か聞いてみる
  • 再検査の場合、生理終わりから何日後に検査をすればいいのか。

以上の項目を参考にして、自分が知っていて安心できることや、もっと細かく聞いてみたいことを事前に確認しておきましょう。

分からないことを分からないまま不安に思ってストレスを溜めるぐらいなら、質問する勇気に変えて聞いてみましょう!

病院側も、めんどくさいなぁなんて思いません。受診に対して熱心な患者ほど良心的なものはないのではないでしょうか。

準備が全て整ったならば、心を穏やかにして健康診断を受けてください。健康を調べるために必要な診断です。できるならば万全に体調に整えて健康診断に挑みましょう。

この記事をシェア

合わせて読みたい

ページ先頭に戻る